寿司屋で食中毒はなぜあまり起こらないのか?

ゲーマーズパーク管理人です。

ゲーマーズパーク 運営ブログ

昔と比べて年を取ったせいか、最近肉の替わりに寿司や魚をよく食べています

ちょっと前に焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で食中毒事件が起こり、連日ニュースを賑わしていましたね

あの一件のせいでこれまで安い料理に属していたユッケが高級料理になり兼ねない状況になりました

ちょっとその時にマスコミから口撃を受けていたエビスの社長のイケナイ発言を記録と記憶に残す為にメモしておきます

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件での

フーズ・フォーラム 堪坂 康弘の開き直りの名言(迷言)

※食中毒で子供が死亡しています。そにも関わらず開き直った発言をしてやがります。

法律で生食用というか 普通の精肉を
ユッケとして出しているのを
すべて禁止して
禁止すればいい

不法なものを使ったということではなく
日本中のすべての焼肉屋と同じものを使用し
私たちか納入後湯者に何らの不備があり
このような事態を起した
 

まぁー、ここまで正直どうでも良いお話ですけどね

さて一番私が気になっている事はずばり

なぜ寿司屋で食中毒事件があまり起こらないのか?という事です。

板前さんがまな板の上で生身の魚を捌いて、そのまま寿司を握っているのですが

どうしても私にはあの行為が不潔に見えて仕方ありません

 

だいたい寿司を握っている時のまな板を見ると、包丁で魚を捌いた時の跡が無数に残っていてどうみても不潔です

とはいいつつも、私は、寿司が好きなので食中毒になるまで寿司を食べて、食べて、食べまくります