シンガポールの基本情報 ~ その① ~

このページでも シンガポール(Singapore)に旅行に行って迷ってしまわない様に、

またこれから初めてシンガポール旅行に出掛ける方の為に、実際に私がシンガポールに旅行して体験した事とかをメモして行こうと思います。

シンガポールの観光スポットについては、←のリンクからどうぞ。

 

 電車の乗り方

シンガポールで電車の駅を見つける場合には、MRT( Mass Rapid Transit :マス・ラビット・トランジット)という看板を目印にしましょう。

乗り方

1.タッチパネルの画面左側にあるところから「Buy Single Trip Standard Ticket」を選択します。

2.画面上の地図より、目的地の駅を見つけて「黄色い丸印」を選択します。

3.お金を入れます。

4.切符が出てきたら自動改札にタッチして乗りましょう。

切符を購入する時の注意事項

切符はデポジット制です。

乗車チケットは、デポジット(ホテルに宿泊する時と同様の保険料みたいなもの)として、約S$1$が含まれています。

電車に乗って無事目的地まで辿り着いたら、改札を出て切符の発券機にチケット(シンガポールの切符はプラスチック製です。)を

挿入するとデポジットとしてS$1が戻ってきます。

ただし、購入してから30日以内の場合のみ返金が出来ます。

切符の購入時に使えるお札は、S$2(2シンガポールドルのみ)

理由は不明ですがS$5を使って切符の購入とかは出来ません。

S$2かコインを使って切符は購入しましょう。

お金が大きくて使えない場合には、駅の係員に両替をしてもらえます。

電車内での禁止事項

社内、駅構内での喫煙は禁止されています。万が一犯してしまった場合には、S$1000の罰金です。

また(特に日本人は注意)、飲食やガムを噛むのも禁止です。

万が一犯してしまったら、$S500の罰金です。

あとは、駆け込み乗車や、匂いのキツイ物車内への持込も禁止されています。

例えばドリアンとかです。

 

 喫煙

基本的に、シンガポールでは公共の場でタバコを吸う場所は殆どありません。

大きめの施設の極々限られた箇所にたまーにタバコが吸えるエリアがある程度です。

また、日本とは違ってタバコ1箱が1000円程度します。

しかも、タバコのパッケージには癌患者の患部の写真が鮮やかなカラーで印刷されています。

そのお陰か、シンガポールではタバコを吸う人の数がかなり少ないです。

 

 タクシー

青色と黄色のタクシーではクレジットカードを使う事が出来ます。

また、アメリカや韓国とは違ってシンガポールは法律が厳しいせいか、もぐりのボッタクリくりタクシーが少ないので

安心して乗る事が出来ます。シンガポールの端から端まで大体日本円で1,500円もあれば移動出来ますので

ガンガン使っちゃいましょうw

ただし、シンガポール政府がタクシーの運転手になれる資格(権利)をシンガポーリアンに限定しているせいか

街中を走るタクシーの運転手が少ない印象を受けました。

タクシーを拾う間に電車に乗った方が早い、というシチュエーションにも何度か遭遇しましたw

日本でのタクシーの運転手のイメージは、他業種にてリストラに合い仕方なく働いている人間が多いですが

シンガポールのタクシー運転手は平均的に英語を含めて大体2・3ヶ国語はしゃべれる人が多いです。

 

 タクシーの運転手

タクシーの運転手さんから聞いたのですが、シンガポールではタクシーの運転手になれるのは

シンガポーリアン( Singaporean )だけだそうです。

 

 治安

びっくりする位治安が良いです。

どの位治安が良いかと言うと、世界の中で一番治安が良い  とされいた日本よりも遥かに良いです。

治安が良いせいか街中で警察を見かける事も殆どありません。

実は、シンガポールではタクシーのモニターに指名手配犯についての情報が常に流される様になっています。

そんな事情もあってシンガポールでは警察が少ないのです。

※少ないというよりも私服警官が結構いるそうですw。

 

 アトラクション

・セントーサ島にあるユニバーサルスタジオシンガポールには  高速ジェットコースター等のアトラクションがあり十分楽しむ事が出来ます。

・また、iFlyという下から強い風がふいて着て宙に浮くというスポーツを皆さんも一度はご覧になった事があるかと思いますが、それも体験しました。

写真撮影1枚と練習とフライトで約114シンガポールドル掛かりましたが、それだけの価値はあります。

 

 通貨レート

・S$1(シンガポールドルと読みます。) = 約61円  大体こんな感じです。

 

 マリーナサンベイズ

・SoftBankがSMAPを起用し、マリーナベイサンズを舞台にしたCMを流していましたが、実際に泊まってみた感想としては

確かにその辺りのホテルに比べると料金は2~3倍して高くはありますがそれだけの価値は確実にあります。

 

 罰金

有名な話ですが、シンガポールでは「つば」「痰(たん)」を道端にペッ!と吐いたら罰金を

5~6万円徴収されてしまいます。

一見嘘の様に聞こえるかもしれませんがマジwなのでシンガポールに旅行に行く際には注意して下さいねw。