海外旅行に行く時の豆知識 ~ その② ~

海外旅行に行く頻度の高い人に向けてのメモです。

 

旅行時の荷物を手軽に運ぶには?

クレジットカードに付帯の機能を使えば、

・旅行に行く前:自宅から空港

・旅行から帰って来た時:空港から自宅

これらのシーンにおいて無料で重たいスーツケースを手軽に運べます。

その方法ですが至ってシンプルw

クレジットカード会社(AMEXとか)の上位カードを使えば、これらのスーツケースの無料宅配サービスが利用出来ます。

無料ですので使わない手は無いですね。

 

しかも、AMEXとかの場合、無料で priority pass(プライオリティパス)入会資格が手に入ります。

これを使えば標準的にカード1枚につき年間3回まで国内外の空港ラウンジを使う事が出来ます。

ラウンジでは、ドリンクやちょっとした食事も無料で頂けます。

 

お勧めなのは、上位カードを複数持つ事です。

複数上位クレジットカードを持っていれば例えばスーツケースを2つ持っていたとしても

一つは自分の旅行用の荷物、もう一つはお土産専用として利用し

そのまま帰国時にも翌日※には自宅に届けて貰えます。

 

羽田空港の国際線であれば、

JAL ABC という配送(運送)系の会社がありますのでそこの窓口で

クレジットカードを見せればOKです。

 

関東界隈の例えば、東京(群馬、茨城、千葉とかもOKらしい)であれば翌日中には荷物を運んで貰えます。

但し、翌日の一番遅い配送時間帯は18:00 ~ 20:00 との事です。

 

海外パケット代や電話代金を安くするには?

Wi-Fi対応ルータをレンタルした方が断然安くて良いです。

私は、旅行する時にグローバルデータという会社がやっているレンタルサービスを

利用しました。

http://www.globaldata.jp/

SoftBankには手続き不要で標準で世界対応ケータイなる変なサービスが ありますが、

1日で4,000円近く掛かってしまいます。

一方でWi-Fiルータをレンタルしてネットは、Wi-Fi、そして電話はSkypeを使う という方法を取れば

節約出来ます。

Wi-Fiルータのレンタル代についても、保険等に入らなければ1日1,000円程度で

利用することが出来ます。

帰国時には、成田空港等でWi-Fiルータの受取り窓口があるので

そこで簡単に返却することも出来ます。

また、出国当日にグローバルデータに連絡してWi-Fiルータを受け取って使用することが出来ました。

ステマじゃないですけど本当に助かりましたね。

1週間の旅行だったので、世界対応ケータイをもし使っていたとしたら

7 × 4000 = 28000円

位は掛かっていたであろうコストを7,000円に抑える事が出来ました。

ちなみに Wi-Fi無線ルータを海外(アメリカ)で使用する場合の通信回線業者は T-mobileです。

日本ではあまり馴染みが無いですがアメリカではかなり有名です。