ドラゴンクエスト シリーズ

ドラゴンクエストシリーズ作品一覧です。

 

当該ページでは、これまでに発売されたドラゴンクエストの作品、 また今後発売が予定されている作品について纏めています。 ※補足説明※

ドラゴンクエスト X 目覚めし五つの種族 オンライン

  • 括弧の中の日付は、発売日(または配信開始日・稼動開始日)を表します。
  • ゲーマーズパーク内で攻略情報ページの作成が完了次第順次リンクは追加します。

■ドラゴンクエスト (ファミリーコンピュータ、1986年5月27日) 終始1人で冒険を行う。システム、ストーリーとも以降の作品と比べるとシンプルである。

■ドラゴンクエストII 悪霊の神々 (ファミリーコンピュータ、1987年1月26日) 前作の主人公の子孫たちの物語。パーティ制(複数人での行動)や乗り物が初登場。

■ドラゴンクエストIII そして伝説へ… (ファミリーコンピュータ、1988年2月10日) ロト伝説の謎が明らかになる。キャラクターメイキングや転職のシステム、時間の概念を導入。

■ドラゴンクエストIV 導かれし者たち (ファミリーコンピュータ、1990年2月11日) 全5章のオムニバス形式。馬車による多人数パーティ、AIによる自動戦闘を導入。

■ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (スーパーファミコン、1992年9月27日) 3世代に渡るシナリオで、途中重大な選択もある。多数のモンスターを仲間にできる。隠しダンジョン、隠しボスが初登場。

■ドラゴンクエストVI 幻の大地 (スーパーファミコン、1995年12月9日) 2つの世界を行き来しながら冒険を進める。『III』とは異なる転職システムが登場。

■ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち (プレイステーション、2000年8月26日) 石版を集めて未知の世界を冒険する。マップに3Dポリゴンを初採用。やり込み要素が多い。

■ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 (プレイステーション2、2004年11月27日) トゥーンシェイドを採用した完全3D表現。スキルによる成長、テンションでの攻撃威力増幅、アイテム錬金などを導入。

■ドラゴンクエストIX 星空の守り人 (ニンテンドーDS、2009年7月11日) ナンバリング作品で初の携帯ゲーム機用。ワイヤレス通信によるマルチプレイが可能。キャラクターメイキングがリニューアルされ再登場。やり込み要素の多さは『VII』を上回る。

■ドラゴンクエストX(仮題) (Wii、発売日未定) 『IX』発売前となる2008年12月10日に開催された製品発表会の場で発表された。