総務の人向けの業務メモ

ゲーマーズパーク管理人です。

会社で総務や経理を一時的に手伝う必要があったのでその時に経験した事

覚えた事をメモしておきます。

 

給与計算について

会社では経理等を雇わずとも、給与計算を代行で行ってくれる便利な業者がいます。

雇用して給料を払うよりも外部委託した方が手っ取り早く確実です。

給与計算代行会社 アクト労務管理センター

 

従業員より徴収した税金はどう支払うのか

給与明細のうち

源泉所得税 

最寄の(新宿等)税務署に行き各従業員への支給金額を合算した金を支払います。

従業員一人一人じゃなく、合算した金額を指定します。

原則的には、毎月申告+支払をしなくちゃなりませんが

源泉所得税の納付の特例の承認に関する申請書

という物を最寄の税務署に提出すれば半年に1回纏めて税金の申告が可能となります。

この申告書は、従業員の数が1人以上9人以下の範囲で効力を発揮します。

つまり、従業員が10名以上となった場合には、前回提出した源泉所得税の納付の特例の承認に関する申請書

破棄の届け出をした上で、新たに源泉所得税の納付の特例の承認に関する申請書を出す必要があります。

社会保険

健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険 をひっくるめて社会保険と呼びます。

これらの支払は社会保険事務所にて払う必要があります。

新宿税務署等ではありませんのでご注意を。

 

源泉徴収票はどうやって従業員に渡すのか?

税務署の職員に聞いたところ、元となるフォーマットはあるものの

基本項目さへ網羅されていれば

Excel等でフォーマットを作ってそれに数字を入れた上でプリントアウトしても良いとの事。

 

従業員の人数が左程多く無い場合には、

税務署に行き給与所得の源泉徴収票を下さいと伝えれば、

フォーマットを貰えるのでそれに手書きで記述しても良い。

< 入力すべき個所 >

種別 : 給与所得と入力

支払金額 : 給与明細上の課税額の合計を入力

支払金額 : 特に入力は要らない

給与所得控除後の金額 : 特に入力は要らない

源泉徴収税額 : 源泉所得の金額を入力

社会保険料等の金額 : 給与明細上の社会保険計を入力

中途就・退職 : 給与明細上の就職、退職の日付を入力

受給者生年月日 : 給与の支払相手の従業員の生年月日を入力

支払者 (部分)会社の本店住所+会社名+代表取締役*** ハンコ(会社代表印) を押す