Windows Liveメール の使い方

Windows Liveメール の使い方とかをメモしていきます。

 

Windows Live Mailの使用中にオフラインになってしまい

メールの送受信が出来なくなった場合

Windows 7 64bit マシンにてWindows Live Mail 2011 を使用していると

突如としてオフラインでの作業になってしまう事があります。

 

その状態で幾らオンラインに切り替えようとしても戻りません。

その場合、Windows Live Essential 2011 をアンインストールし

Windows Live Essential 2012 を新にインストールします。

 

これでWindows Live メールがオフラインになってしまいメールの送受信が出来ない

という不具合を解消する事が出来ました。

 

アドレス帳を編集するには?

Windows Liveメールは、普通に使っている分にはどこからアドレス帳を編集したらいいのか

本当に分かり辛かったです。分かったのでこれもメモっておきます。

Windows Liveメールをスタートメニューから起動 > 画面左下に本のアイコンがあるのでそれをクリック >

アドレス帳 - すべての知り合い(***)

とこれまでにWindows Live メールにてやりとりをした事のあるメールアドレス一覧が表示されます。

その中から必要に応じて名前の登録等を順次行ってゆきます。

 

メールアドレス毎に名前を付けるには?

メッセージの作成 > 宛先: (リンクをクリックします。) > 電子メールを送信する知り合いを選択します。

というダイアログが表示されます。

そのダイアログ内にメールアドレスが色々と表示されています。

名前を登録したいメールアドレスを選択し、 > 知り合いの編集(E) > ボタンをクリックします。

知り合いの編集:****

ダイアログが起動 > (左部分にある)知り合い(T) >

名前部分になぜか、メールアドレスが勝手に入れられているので

その部分に名前を入れて保存をすれば登録が出来ます。

 

Windows Live Mail でメール返信時の形式を全てテキスト形式にするには?

メールの送信元の人がHTML形式でメールを送って来たりする場合があります。

その状態でメールの返信をしても、レイアウトが崩れてしまったり等非常に不便です。

メニュー > オプション(O) > 送信タブ > 

受信したメッセージと同じ形式で返信する(R)  のチェックを外す

 

メール送信時の形式 

テキスト形式(P)  にチェックを入れる

 

設定出来たらOKボタンを押します。