EC-CUBEをさくらインターネットにインストールした時のメモ

EC-CUBEをさくらインターネットにインストールした時のメモ

を残していきます。

 

まず、最初にEC-CUBEのHPにアクセスし会員登録をします。

ちょっと面倒ですが、基本情報を入力する必要があります。

 

サイトよりモジュールをダウンロードします。

eccube-2.12.2.zip

2013/02/05 時点の最新モジュール

↓ 解凍します。

 

【EC-CUBE】を解凍した中身

data

docs

html

test

COPYING

EC-Cubeを動作させるのに必要なファイルは、上記赤字で記したディレクトリのみです。

html/.htaccess  ファイルがありますがこのファイルはサーバ上で消しましょう。

このファイルが入っているとアクセス出来ません。

 

data と html をサーバにアップします。

html/.htaccess を削除したらブラウザからアクセスします。

 

すると

 

EC-CUBEのインストールを開始します。

「次へ進む」 

 PHPの設定ディレクティブ「magic_quotes_gpc」が有効になっています。

チェック結果にこういうエラーメッセージが表示される場合があります。

表示された場合

さくらインターネットのコントロールパネルより、

 

PHP設定の編集 

magic_quotes_gpc = off 

を設定し、「保存する」を押します。

php.ini 本体は

/home/sakura-winter/www/php.ini 

に反映されます。

次へ進むを押します。

>> ○: アクセス権限は正常です。

 

必要なファイルのコピー 画面が表示されます。

「次へ進む」をクリックします。

 

ECサイトの設定 画面が表示されるので画面に必要事項を順次入力していきます。

※ログインIDとログインパスワードは40桁程度にしておいた方が無難でしょうね。

 

 データベースの設定

画面が表示されるので

必要事項を入力します。

事前にサクラインターネットのサーバコントロール画面にてDB情報の登録をしておく必要があります。

EC-CUBEの管理画面では、

 データベース名には、  mysql***.db.sakura.ne.jp を入力します。

初期状態では、 127.0.0.1 となっているのでこれを変更します。

 

EC-CUBEのインストールが完了したら

install/index.php ファイルを必ず削除して下さい。