Word PressのTips集

 基本的にDrupalの方が速度も速くていいのですが

プラグインとか入れるのがちょっと大変だったりします。

日本語の解説ページがほぼありませんからね。

Word Press はあまり使った事がありませんでしたので

使い方とかメモっていきます。

 

正直なところDrupalでの作業になれてしまっているので、

WordPressとどちらが使い勝手が良いか?

と言われると微妙なところではあります。

  

記事へのコメントを禁止するには?

設定 > 投稿のデフォルト設定

新しい投稿へのコメントを許可する

のチェックを外します。

 

WordPressをインストールしたのになぜかエラーが出る場合

インストールディレクトリの中に .htaccess ファイルを作成し

次のコードを記述します。

DirectoryIndex index.php index.htm index.html .ht

さくらインターネットでWordPressをクイックインストールしてもそのままではエラーになってしまいます。

必ず .htaccess ファイルを手動で作成する様にしてください。

TeraTermを使ってコマンドラインから viをつかって作成すると楽ですね。

 

海外サーバで WordPressを動かす場合の注意事項

WordPressで、一度サイトを公開してしまうと、後からユーザ名を変更する事が出来ない。

また、WordPressでコンテンツを作成すると

ユーザ名がソースコードの中に埋め込まれてしまう為、初期設定時にはダミーのアドレスを指定しておく必要がある。

投稿した記事の中にAuthorとしてメールアドレスが表示されてしまう。

 

 

functions.php を編集するには?

Appearance > Editor > Templates (画面の右側にあるリストより選択)

Theme Functions  をクリック

 

投稿時の名前(Author)を非表示にする

Show Hide Author プラグインをインストールする。

確かにこれを使うと投稿者名は非表示に出来るが、

ソースをのぞくとメールアドレスが表示されているのでオススメは出来ません。

 

コメントを非表示にする。

Appearance > Editor > Single Post ( single.php )

 

comments_template('',true);  

という部分があるので頭に // を付けて  //comments_template(7'',true);  

とする。

 

海外サーバ上で運営されているWordPressを使って固定ページを作成するには?

WordPress は日本語と外国版とで微妙に文言とか違ったいたりします。

海外版で固定ページを挿入する場合には、Pages > Add New を選択します。

通常の記事を書く場合には、

Posts > Add New を選択します。

固定ページ(Page)は主にメニューに使用します。

 

Google Analytics を簡単に導入するためのプラグインを入れる

プラグインの検索画面で 

Google Analytics for WordPress

と入力し、 Google Analytics for WordPress  が出てきたら いますぐインストール をクリックします。

プラグインを有効化します。

すると、

Google Analytics is not active. You must select which Analytics Profile to track before it can work.

というメッセージがでます。

Google Analytics for WordPress Configuration 画面が開いたら

Manually enter your UA code: UA-XXXXXXXX-X   

Google Analytics の中に表示されている トラッキングID を指定します。

JavaScriptの長いコードでは無く、 UA-XXXXXXX-X というコードを指定するだけでOKです。

 

を入力し

Whre should the tracking code be placed. より

In the header (default ) を選択 > Update Google Analytics Settings > をクリックすればOKです。

 

ワードプレスで固定ページ(メニュー)の表示順序を入れ替えるには?

固定ページを開きます。

右側に順序という項目があるのでこの中の数字を設定する事により順番を入れ替える事が出来ます。

数字が小さい程、左側に表示され

数字が大きい程、右側に表示されます。

 

アクセス解析用のプラグイン( StatPress Reloaded ) を入れる

StatPress Reloaded  をプラグインとして入れると簡単にアクセス解析を行う事が出来ます。

Google Analytics との併用で動作させる事が可能となります。

StatPress をインストールすると画面左側に

StatPress

Details

Spy

Search

Export

Options

User Agents

StatPressUpdate

というサブ見出しが表示されます。これらをクリックすると用途に応じた情報をあらゆる観点から

確認する事が出来ます。

 

フロントページに表示されるコンテンツを特定のページに固定する

設定 > 表示設定 > フロントページの表示 > 固定ページ にチェック

フロントページのコンボボックスより表示したい固定ページを選択

変更を保存をクリックします。

なお、特定のページ(記事)を最初に表示したい場合には、投稿ページ ~ 選択 ~▼ より選択します。

 

コメントスパムを弾くには?

SI CAPTCHA Anti-Spam  をインストールします。

これをしないとWord Pressにはスパム投稿がされてしまうので注意が必要です。

尚、このプラグインを有効化した場合にはブラウザでサイトを見た場合にF5ボタンを押して

JavaScript等のキャッシュを初期化してください。そうしないと画像認証コードを入力しても

エラーとなっていまいます。

 

 

Quick Adsense

広告コードを挿入するには、Quick Adsense というプラグインをインストールすれば良い。

 

Wp-Insert

Quick Adsenseと機能的には同じです。用途によって使い分けましょう。

Wp-Insertをインストールしたら左メニューよりWp Insert をクリックし

Ad - Above Post Content

Ad - Middle of Post Content

Ad - Below Post Content 

に挿入したい広告コードを入力し、 Inactiveというロゴをクリックする

クリックするとActiveという緑背景に切替わる。

切替わったら最後に、

画面右側にあるSave Changes をクリックすると挿入した広告コードが有効になります。

 

 

 

メタ情報を非表示にするには?

いつもログインする分けでは無いのにログインリンクが表示されているとウザいですね。

そこで次の手順を行う事によりメタ情報を非表示にする事が出来ます。

外観 > ウィジェット > サイドバー1 の中に「メタ情報」が含まれているので

それを枠外へドラッグして外します。

それだけで簡単にメタ情報を非表示にする事が出来ます。

利用出来るウィジェットの中にあるカレンダーサイドバー1にドラッグしておくと便利です。

このカレンダー内の日付けをクリックすると、

日毎で投稿されたページ一覧を表示する事が出来ます。

 

画像を追加するには?

左側のメニュー > メディア 

画像を追加する場合、画面上部にある新規追加をクリックします。

ファイルを選択中にCtonrol ボタンを押しながら複数の画像を選択し

纏めて複数ファイルをアップロードする事も可能です。

 

WordPressで日本語ドメインの設定を行う場合の注意事項

設定を間違えてしまうとWordPressの管理画面にログイン出来なくなってしまいます。

万が一間違えてしまって、ログイン出来なくなってしまった場合には、

wp-config.php の中に

/* 復旧用 */

define('WP_SITEURL', 'http://xn--hogehogehoge.com');

 という風にアルファベットで日本語ドメインを記述すれば再びログインする事が出来る様になります。

ただし、この方法だと設定画面で WordPress アドレス(URL) 部分がグレーアウトしてしまうのでDBから直接書き換えた方が良いです。

参考サイト:

http://backyard.chocolateboard.net/201112/wordpress-url-change

DBから修復する方法

phpMyAdminにログイン > ***options.option_id = 1

option_id = 1

option_name = siteurl

となっているレコードの option_value を正しいURLに書き換えます。

http://xn-hogehogehoge.com

 

ただ、こういう手間をかけない為にWordPressの設定画面では以下の通り注意しましょう。

設定 >

WordPress アドレス(URL): http://xn-hogehogehoge.com

という風に、日本語ドメインをWordPressに当てはめるとしてもURLは日本語ドメインの英数字ドメインを指定します。

サイトアドレス(URL)も同様です。

 

【スパム対策】モデレートしてください。

WordPressでコンテンツを運営していると モデレートしてください というスパムメールが

よく飛んできます。いい加減ウザいので対処方法を調べたので纏めておきます。

 

No Self Pings プラグインを追加 

インストールしたらプラグインを有効化します。但し、 No Self Pings プラグインを追加しただけでは Contact Form を設定した問合せ

ページからのスパム投稿には対応していないので注意してください。別途やり方を控えておきます。

メニュー > 設定 > ディスカッション

投稿のデフォルト設定 より この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

のチェックを外します。

あと序(ついで)に

 

コメントブラックリスト 項目にスパム投稿を行ってくるユーザ(サーバ)のIPアドレスを

追加します。以下のサーバからスパム投稿が多いです。

27.159.225.126

Thanks freesticky for the particularly most desirable sheepskin flying jackets for guys I have come across. I do such as these sort of coats and also have worn them for many years now. This 1 is the nicest 1 I have encounter.

 

ウザいので上で紹介した No Self Pings を使って撃退しましょう^^b

 

問い合わせフォーム Contact Form 7をインストールする。

「Contact Form 7 」という文字列でプラグインを検索します。

ヒットした 「 Contact Form 7 」をインストールします。

※「Contact Form」と「7」の付いていない Contact Form をインストールするのはやめましょう。

後に記載しています「Really Simple CAPTCHA」と整合性が取れなくなります。

[contact-form-7 id="id_dummy" title="お問合せ"]

このタグを(固定)ページに挿入するだけで簡単に問合せフォームを設ける事が出来ます。

 

 Contact Formを追加した問合せフォームから届くスパムメールを除外するには?

Contact Form 7  と Really Simple CAPTCHA とを連動させれば簡単に出来ます!。

2014/03/04 時点で、 Really Simple CAPTCHA 1.7 をインストールしました。

Really Simple CAPTCHA 1.7 をプラグイン名で検索します。

Really Simple CAPTCHA 1.7 のインストールが完了しました。

と表示されたら

プラグインを有効化 をクリックします。

 

次に、プラグイン一覧から Contact Form 7 の設定画面に入ります。

Contact Form 7 ではなく Contact Form がインストールされている場合には

停止もしくは一旦アンインストールを行い、Contact Form 7 をインストールし直しておきましょう。

インストールしたContact Form 7 のバージョンは、 Contact Form 7 3.7.2 です。

 

Contact Form7 と Really Simple CAPTCHA をインストールしたら Contact Form の設定画面を開きます。

そして以下のコードを contact form に挿入すれば完了です。 

 

お名前 (必須)
[text* your-name]

メールアドレス (必須)
[email* your-email]

題名
[text your-subject]

メッセージ本文
[textarea your-message]

[captchac captcha-118 size:l fg:green bg:black]
[captchar captcha-118 4/4]

[submit "送信"]

 

 

 

WordPressを使う場合には、必ず入れておきたいプラグインの一つです。

スパムメールが放置しておくとスパムメールが本当にすさまじい事になります。

 

固定ページにアイキャッチ画像を挿入する

アイキャッチ画像を挿入すると固定ページのTOP部分に表示される画像を設定する事が出来ます。

 

レスポンシブルデザインのテーマ

気に入ったデザインのテーマを紹介します。

ISIS

 

カテゴリを設定するには?

メニュー > 投稿 > カテゴリ 

新しくカテゴリを作る場合には、 新規カテゴリーを追加項目に

名前、スラッグ、親(カテゴリは階層構造にする事が可能です。)、説明(カテゴリの説明を表示するテーマもあります。)

を入力し、 新規カテゴリーを追加 ボタンを押します。

ここでカテゴリを作成してしまえば、あとは「投稿一覧」ページより

記事の上にマウスフォーカスを重ねて クイック編集 > カテゴリー より 未分類 から {作成したカテゴリ}を指定する事により

記事をカテゴリに分類させる事が出来ます。

1※カテゴリ分けについて

記事をそれぞれカテゴリに分けておくと便利です。テーマによってはカテゴリを選択するとそのカテゴリに属している

記事を一覧表示する事が出来ます。あとで纏めた記事を見返す場合にも階層構造をもってカテゴリ分けされていると見易いです。

 

2※カテゴリの種類について

全てのカテゴリを一つに統一すると[未分類]カテゴリは一覧上に表示されなくなります。

 

 メニューを手軽にカスタマイズする

(左メニュー) > 外観 > メニュー 

メニューを作成し、左側にある固定ページを右側にドラッグする事によりメニューに追加する事が出来ます。

また、メニューの順序を入れ替える場合には、ドラッグした固定ページを上下にドラッグする事により

簡単に順番を入れ替える事が出来ます。

 

メニュー設定の中に テーマの位置 がありますが Top Menu にチェックは入れない方が良いです。

もしこれにチェックを入れてしまうとカテゴリと同じ個所にメニューが表示されてしまいます。

画面上部のメニューとごちゃごちゃになってしまうのでやめておきましょう。

このメニューに新しいトップレベルのページを自動追加

にチェックは入れておいた方が便利です。

 

 ウィジェットを使ってサイドブロックにHTMLを直接指定するには?

ウィジェットに直接HTMLを記述する事が出来るので、ここに広告コードを書けばウィジェットに広告を表示する事が出来ます。

 

左メニュー > 外観 > ウィジェット > 

テキスト・・・任意のテキストやHTML   

をドラッグして右側の プライマリーウィジェットエリア.サイドバー1  にドラッグする。

 

テキスト: をクリックしてサイドバーのウィジェットの見出しタイトルを入力する。

タイトル:

その下のTextBoxに各種HTMLや広告コードを記述すれば良い。

 

ヘッダーの背景画像を変更するには?

左メニュー > 外観 > 画像を選択 より

もしくはメディアライブラリから画像を選択してください。

画像の選択 ボタンをクリックする。

ヘッダーに使う画像をマウスで上下にスライドさせて選択する。

変更を保存 をクリックするとヘッダー部分の背景を変更する事が出来ます。

 

トラックバックを禁止するには?

トラックバックをそのままにしておくと頻繁にトラックバックスパムが届いてしまうので無効にしておいた方が良いです。

【トラックバックの無効化の仕方】

左メニュー > 設定 > ディスカッション > 投稿のデフォルト設定 より

他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける

のチェックを外し 変更を保存 をクリックします。

 

誰かがコメントをした場合に毎度メールが届いて面倒な場合に、メールで通知が来ない様にするには?

左メニュー > 設定 > ディスカッション > 自分宛のメール通知

コメントが投稿されたとき  のチェックを外せばOKです。

 

画像の挿入、画像へのリンクを貼る・貼らない、画像サイズを手軽に調整するには?

WordPressの記事編集画面にて、画像をアップロードすると

写真マーク

〇に/の入ったマーkう2つが現れます。

その時に写真マークをクリックします。

 

画像を編集 /  詳細設定 2つのタブが表示されるのでそのうち 画像の編集 タブを選択します。

サイズより表示倍率を選択します。

例)100%

 

リンク URL項目よりなしを選択します。

WordPressで画像を挿入すると通常設定では生(リサイズ前)の画像へのリンクが自動で貼られてしまい

閲覧者がクリックすると画像だけのページに遷移してしまい不便です。

そこで画像に対するリンクをなしに設定しておいた方が良いです。

 

 

WordPressのスタイル(style.css)を変更するには?

テーマに最初から割り当てられているスタイルを変えたい場合があります。

その場合には、以下の手順でCSSを修正する事が出来ます。

左メニュー > 外観 > テーマ編集 > 

Twenty Fourteen:スタイルシート(style.css) の中にCSSが記述されているので

この中のスタイルを必要に応じて修正します。修正が完了したら下にあるファイルを更新ボタンを押下します。

この中に通常通りcssのクラス名を定義します。

注意事項:スタイルを更新した場合には、F5ボタンを押してブラウザのキャッシュをクリアして

ページを開く必要があります。そうしないと旧スタイルシートの内容が画面のスタイルに適用されてしまいます。 

 

コンテンツの中の文章の表示される横幅のサイズを増やすには?

上記手順にて

<div class="entry-content">

という風にクラスが定義されているとおり

.entry-content の中の max-width: 474px という部分の横幅のピクセル数を増やせば大丈夫です。

 

フッターにある Prodly powered by WordPress という文字列を消すには?

WordPressは便利ですがそのまま使うと Proudly powered by WordPress という文字列が勝手に入ってしまいダサいので消しておきましょう。

左メニュー > 外観 > テーマ編集 > フッター(footer.php) をクリック >

この最後のあたりに Proudly Powered by WordPress という文字をprinft出力している箇所があるのでその部分コードを書き換えます。

 

パーマリンクを設定して動的ページを静的ページ(***.html)に見せかけsる

Googleがページを評価し辛い為か動的ページを嫌います。SEO的にも良く無いので静的ページにパーマリンクを設定しましょう。

左メニュー > 設定 > カスタム構造

/%postname%.html

を指定します。カスタム構造でこう指定する事により投稿を行ったページのタイトルが

ゲーマーズパークについて

だった場合

ゲーマーズパークについて.html

というURLになります。ただし、日本語がURL部分で閲覧出来るのはGoogle Cromeとかの気の利くブラウザだけです。

Internet Explorerとかの場合にはURLエンコードされて何が何だかわからないです。 

 

Similar Postsを導入して記事に関連コンテンツを表示させる

WordPress 3.9.1 以上では動作しませんでした。

その為、 WordPress Related Posts を使った方が良いです。

 

左メニュー > プラグイン > similar posts と入力 > プラグインの検索

Similar Posts が表示されたら いますぐインストールをクリックします。

インストールしているプラグイン: Similar Posts 2.6.2.0 

と表示されればプラグインのインストールは完了です。

次にプラグインを有効化をクリックします。

すると以下のメッセージのエラーが表示されます。 

post-plugin-library/post-plugin-library.php はエラーにより停止しました。エラー: プラグインファイルが存在しません。

Similar Posts は、 Post-Plugin Library と一緒に使う必要があります。

Post-Plugin Library をプラグイン検索フォームに入力し検索しインストールします。

するとエラーメッセージは出なくなります。 つまり、 Similar Posts を使う場合には、 Post-Plugin Libraryとセットで使う必要があるという事です。

 

関連記事を表示する為のプラグイン WordPress Related Postsを使用する。

WordPress Related Postsをインストールしたらオレンジ色のTurnOnというアイコンが表示されるのでクリックしてプラグインをスタートさせます。

 

Basic settings では、

Related Posts Title → 「この記事も関連しています。」などの関連記事のタイトルを入力します。

Number  or Posts → 表示する関連記事の数字を入力します。

 

Advanced settings

どの様にサムネイルを表示するかの設定が出来ます。色々なレイアウトが標準で用意されているので好みのものに設定しましょう。

 

PuSHPress をインストールしてGoogleに直ぐにインデックスさせる

PuSHPressをインストールすると記事を投稿した時にすぐに検索エンジンに

ページをインデックスさせる事が出来ます。

対象サイトの評価があまり高く無い場合には、悪意のあるユーザによりコンテンツをコピー利用されてしまい

本来自分が最初に作成した筈のコンテンツの評価がより下げられてしまう可能性があります。

それを防止する為にインストールしておきます。

 

Broken Link Checkerをインストールしてリンク切れを自動検知する。

自分のWEBサイト内のリンク切れを自動で検知し、ダッシュボードに通知してくれる便利なプラグインです。

必須プラグインといえます。

 

ヘッダー画像(サイトの見出し画像)を変更するには?

左メニュー > 外観 > ヘッダー > 

横幅:1260px

高さ:240px

の画像をPhotoshop等で作成し ファイルを選択 > アップロードと設定します。

横幅は、 1260px にした方が良いですが高さは別に100px とか 70px を指定してもかまいません。

ここで指定したサイズでWordPressの先頭のヘッダー画面にバナーが表示される様になります。

 

 

背景画像の色を変更するには?

外観 > 背景 > 背景色 項目があるのでその中の色を選択

をクリックします。任意の色をクリックして選択するか、事前に調査済の16進数のカラー値を #xxxxxx 等を

指定して色を付ける事も出来ます。

 

Simple Tagsをインストールする。

Simple Tagsを使うとなぜかタグの色がおかしくなってしまうの

Simple Tags をインストールするとタグの管理をより便利に細かくカスタマイズできる様になります。

タグの表示位置を設定する

外観 > ウィジェット > フッターウィジェットエリア(or メインサイドバー) 項目があるので

その項目へTag Cloud (Simple Tags)をドラッグします。

メインサイドバー上でTag Cloud(Simple Tags)を移動させる事により自由に表示位置をカスタマイズする事も出来ます。

タグの色を設定する場合の注意事項!

外観 > ウィジェット > {設定した***バー}上のタグクラウド

の中にある

最小フォント色:(デフォルト: #CCCCCC)

最大フォント色:(デフォルト:#000000)

ここで必ずタグの色を設定する様にしましょう。そうしないとなぜかサイトを開いた時にF5を押して

スタイルをリセットしてアクセスをしたとしても、タグの色が正常に反映されません。

具体的には、

設定 > Simple Tags の中でタグの色を設定したとしてもタグの色に変化がなぜかありません。