ルータ( WZR-450HP ) の設定の仕方

 

 

マニュアル通り進めていたところいくつか嵌るポイントがあったので手順を控えておきます。

 

※AOSSについて

AOSS(AirStation One-Touch Secure System)は、

バッファローが開発した、無線LANの設定が自動で行えるシステム

!AOSS-XXXX ← これを見つけて選択します。

http://172.31.101.1/

AOSSボタンを押さないと、 

BUFFALO の管理画面は開かないので注意します。

 

設定にはAOSS2キーが必要です

製品に添付のセットアップカードにあるAOSS2キー(数字3桁)を入力してください。

(または、PINコードの先頭3桁)

 

が表示されるので、 Air Station セットアップカードに記載の3桁の数字を

入力します。

 

 

無線セキュリティ設定の手順

画面が表示されたら

 

ここをクリックしてください。(ファイルのダウンロードが始まります。)

 

というリンクをクリックします。

この時にIE9でクリックしても aoss2.exe はダウンロードされませんでした。

IE9でダウンロードを行おうとしても aoss2.exe のダウンロードが出来ないので(Buffaloのバグと思います)

事前にGoogle Crome でダウンロードを行っておきます。

 

再度、ルータ親機(WZR-450HP)のAOSSボタンを押して

IEを起動して表示されるAir Stationの初期画面よりAOSS2 キーを入力し画面を進めます。

 

無線セキュリティ設定の手順 画面が表示されたら、先ほどgoogle crome で事前に

ダウンロードしておいた、 aoss2.exe をクリックしインストールを行います。

 

※DOS画面にてデフォルトゲートウェイのIPアドレスを直接入れても大丈夫です。

Windows + R

cmd

ipconfig 

 

 

********************************************************************

aoss2.exe のインストールが成功した場合

********************************************************************

完了

 

セットアップが完了しました。

[完了]をクリックし、インターネットをお楽しみください。

 

ダウンロードページへジャンプするアイコンをデスクトップに作成しました。

マニュアルやソフトウェアをダウンロードすることができます。

 

Ver.1.0.1.1

******************************************************************** 

 

 

 

※たまに下記のエラーが出る場合があるので、その場合にはやり直してください。

********************************************************************

 表示されたエラーメッセージ(セッションが切れた場合に出るエラー)

********************************************************************

BUFFALO AOSS2

エラー

正しい手順で操作してください(Session)

 

このアプリケーションとWebブラウザーを閉じてください。

製品添付のマニュアルを参照して、もう一度やり直してください。

 

Ver.1.0.1.1

******************************************************************** 

 

 

ソフトのインストールが出来ると

BUFFALO-xxxxxx-aoss2-xxG というSSIDが表示され、

それに接続した状態となります。

 

ルータ設定画面を開く

DOSにてデフォルト ゲートウェイのIPアドレスを事前に調べておきます。

そのIPアドレスをブラウザに打ち込みます。

http://192.168.11.1

Windows セキュリティー ダイアログが起動するので ユーザ名、パスワードを入力し OKボタンを押します。

admin

password

を入力しOKボタンを押します。

フリーズした状態の場合、F5ボタンを押してリフレッシュします。