フレッツ光の接続設定の概要

自宅・事務所にてネットを使える様にする為にまずしなくてはならない事があります。

その時の手順を自分用のメモとして残しておきます。

 

通信事業者(NTT東日本)より開通のお知らせが来た場合に

CA* から始まるIDとパスワードが届きます。

同梱の荷物には、

フレッツ光 超カンタン 設定CD-ROM 第3版

というCD-ROMが届きます。ネットワーク接続をプログラムで自動でやる事により

ユーザへの負荷を減らそうとしている様です。

結論から言いますとカンタンとかうたっていますが、

やってみれば分かりますが途中で色々なエラーが出ます。嘘っぱちもいいところです。

 

フレッツ簡単セットアップツールを実行して

「ホームゲートウェイ・ルータ」は利用しない

状態でVDSL or ONU とPCを有線で接続した状態で

ネットに繋がる様にします。

★ポイント

ネット接続をする為には、

NTT東日本より付与された回線接続用のアカウント

プロバイダより提供されたID・PASS

これら2つが必要となります。

フレッツ光 超カンタン 設定CD-ROM 第3版  

の画面上の指示に従って①→②の順番にアカウントの設定を行ってゆきます。

 

先ずは、PCとVDSL(or ONU)を有線で接続してネット接続が出来る状態にします。

画面の途中でホームゲートウェイルータを使う・使わないというガイダンスが流れますが

使わない、を選択して画面を進めていきます。

 

画面のガイダンスの中で言われる ホームゲートウェイルータ というのはNTTよりレンタルしたルータのみを

指す様です。よって市販のLogitec とか バッファローとかのルータを接続してもネット接続

する事は出来ないので注意して下さい。

 

 

 

最終的には無線ルータとして利用するにしてもまずは、VDSL or ONU※

※VDSL ( Very high-bit-rate Digital Subscriber line )

xDSLの一つです。1対の電話線を使って通信します。ADSLと同じ非対称速度型であり、

伝送速度は電話局から利用者方向(下り)が 13Mbps ~ 52Mbps で、

利用者→電話局方向(上り)が 1.5~2.0Mbps程度の速度となります。

主に集合住宅(マンション)などで建物内の電話回線網を利用して高速な通信サービスを提供する場合などに

利用されます。VDSLも回線事業者(NTT東日本)等より無料でレンタルされます。

レンタルである以上、壊れてしまうと弁償させられてしまうので注意が必要です。

 

ONU ( Optical Network Unit ) 光回線終端装置

光ファイバー介入者通信網において、パソコンなどの端末機器をネットワークに接続するための装置の事です。

一般的にはこちらは、通信事業者(NTT東日本等)よりレンタルされます。

 

 有線でネット接続が出来る様になったら今度は無線ルータを使える様にします。

Logitec LAN-HGW450/S 

を使った接続方法です。

Logitec LAN-HGW450/S を購入すると

かんたんセットアップツール

Copyright 2012 Logitec Corp.

というCDがルータ購入時の箱の中に入っているのでそれをPCに挿入します。

ダイアログ画面が起動したら

SimpleSetup.exe の実行

をクリックします。