【福島】政府からマスコミへの報道規制【原発】


【福島】政府からマスコミへの報道規制【原発】

はい、タイトルの通り政府からマスコミに対して報道規制がされています。
実際には今回の福島原発の事故による影響は半端無い為
都内に住んでいる人は直ぐに南に非難しましょう。

テレビでは全く今回の放射線量(シーベルト)には害が無いとか
言っていますが、実際には違っています。

テレビで放送されるシーベルトは
1時間当たり幾らの被爆量か、という事なのですが
その「1時間当たり」という一番重要でかつ伝えなくては
いけない部分を排除して放送しています。

本日、新宿区で観測された放射線を元に計算してみます。

0.809 * 24 * 30 = 582 (マイクロシーベルト/1ヶ月)
= 約0.5ミリシーベルト

放射能の漏れていない通常の年で年間で1ミリシーベルトになっているのですが
この福島原発の爆発直後の現状では
僅か2ヶ月で通常年の1年分の被爆をする事になります。

■その他の被爆情報

下記の数字と比較すると、福島原発により発生している(1時間当たりの)シーベルト数は非常に少なく
感じるかもしれませんが、あくまでもテレビで放送されている数値は1時間当たりの数値なのでご注意ください。

政治家の小沢(汚沢)、鳩山はとっくに西日本に避難(トンズラ)している様です。
必要以上の交通規制はなぜか?

ずばり政治家・金持ちを優先的に都内から避難させる為です。
静岡で震度5の地震が起きた事に便乗してマスコミは、福島原発事故による放射能物質の拡散についての
情報を伝えていませんが非常に危険な状態です。

胸部CTスキャン(1回)
⇒被爆量:約6900マイクロシーベルト

胃のX線検査(1回)
⇒被爆量:約50マイクロシーベルト

CT撮影全身(1回)
⇒被爆量:約700マイクロシーベルト

成田-ニューヨークの飛行機での1往復(1回)
⇒被爆量:約190マイクロシーベルト

玉川温泉の源泉付近(1時間当たり)
⇒被爆量:約13マイクロシーベルト

因みに既にご存知かと思いますが
1ミリシーベルト = 1000マイクロシーベルト
となっています。