CentOS 5.5のインストール

CentOS 5.5のインストール時のメモ書きです。
2年位前に購入したノートPC(EeePC)の性能があまり良く無いのでLinux(Cent OS)マシンにする事にしました。
その時のメモ書きです。
※どうも最近ゲーム系の記事は一切書かずにメモ書きサイトと化して来てますwww

1.CentOSのISOイメージを手に入れます。
次のURLよりCentOS-5.5-i386-bin-DVD.iso をダウンロードします。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/isos/i386/
容量は、3.9GBと結構な容量があります。httpよりもftpで始まるURL経由でDLした方が早いです。
あとは、ISOイメージをDVD DecrypterでDVDメディアに焼きます。

2.BIOSを変更し外付けDVDより起動する様にします。
あとは、次の手順を行なって行きます。

外付けDVDドライブをUSB部分に挿した状態でPCを再起動

PCの再起動時にF2を押したまま(もしくは連打の方が良かったか?)起動を待機

BIOS SETUP UTILITY 画面が起動したら右矢印(→)を押してBootタブに移動

下矢印(↓)を押してBoot Boosterに移動して
[Enable] を [Disabled]に変更する。
※この時に[Enter]キーを押すことにより、Optionsダイアログが起動しその中で
DisabledとEnabledを選択出来る様になります。

F10ボタンを押下

Save configuration changes and exit now?
というメッセージが表示されるので[OK]を選択してEnterを押下

Asus Eee PCのロゴが表示されたらF2を押下
ここまでの設定を行なうとPCの起動時に Asus のロゴが出る様になります。
※以下の操作は素早く行なわないと通常のWindows起動画面が出て来てしまい再起動が必要になります。

BISO SETUP UTILITYが表示されたら右矢印を押下してBootタブを選択

Boot Device Priority を選択しEnterを押下

Boot順序を次の様に修正
<修正前>
1st Boot Device [HDD:***]
2st Boot Device [Removable Dev.]
3st Boot Device [USB:ATAPI DVD A]
<修正後>
1st Boot Device [USB:ATAPI DVD A]
2st Boot Device [Removable Dev.]
3st Boot Device [HDD:***]

F10を押下し、
Save configuration changes and exit now?
と表示されるので[OK]を選択しEnterを押下
以降は、PCを再起動し画面の指示に従ってインストールを行なってゆきます。

3.CentOSのインストール
以降は次のサイトを参考にインストールを順次行なってゆきます。
■CentOS5の基本的なインストール方法
http://centossrv.com/centos5.shtml
■ディスクパーティション設定
※画面の指示に従って標準のパーティション設定を行なおうとしたところエラーが出たので
次のサイトを参考にパーティションを独自に定義しました。
http://www.obenri.com/_install_cent5/disk_cent5.html

インストールの途中で次のメッセージが表示される画面に来たら
インストールには、ハードドライブのパーティション設定が必要です。
デフォルトでは、ほとんどのユーザに適しているパーティション設定の
レイアウトが選択されます。デフォルトのレイアウトを選択するか、自分で作成することができます。

この画面が出てきたらEeePCでは勝手にパーティションが切られているので一度パーティションを全て削除します。
[カスタムレイアウトを作成します。]を選択

次へ(N)

パーティション設定画面が出て来たら既に割り当てられているパーティションを削除します。

前の画面に戻って来たら
[選択したドライブ上のすべてのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成します。]を選択

次へ(N)

[次のドライブにあるすべてのパーティション(全データ)を削除することを選択しています。:
sda(ATA ST**************** MB)
本当にすべて削除しますか?

はい(Y)

(画面が切り替ったら)次へ(N)

後は、画面の指示に従って順次インストールを行なっていきましょう。

マップ内で地図を選んでクリックしてください:
画面まで来たら後は他の標準的なCentOSのインストール解説サイトを参考にしながら
インストールを順次行なう事が可能です。

DeskTop環境
CentOSのデフォルトインストールには全般的なインターネット使用に適用できるソフトウェアのセット
が含まれています。システムにサポートさせる追加タスクを指定してください。

という画面が表示されたら、Windowsの様なDeskTop環境もあった方が何かと便利なので次にチェックを入れて次へ(N)を押します。
DeskTop - Gnome
Server GUI
※GNOME(グノーム:GNU Network Object Model Environment)

[インストール対象パッケージの依存関係をチェック中...]
というメッセージが表示されます。

3.CentOSを再起動してから
ファイアオールの設定では次にチェックを入れます。
ファイアウォール有効
・FTP
・SSH
・Telnet

進む(F) を押すと
[はい]のボタンをクリックすると、システムのセキュリティーレベルを設定して既存のファイアウォール設定を
上書きします。本当にこの操作をしたいですか?
はい(Y) を選択