ワンちゃんに起こり易い病気の種類

 

 

 

■ジステンバー

発熱、下痢、神経症状などが怒り、全身がおかされ、尚ってもいろいろな後遺症に

悩まされます。死亡率も高く、怖い病気です。

 

■犬アデノウィルス2型感染症

アデノウィルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。

 

■犬伝染病肝炎

こちらもアデノウィルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、

目が白く濁ることもあります。子犬では突然死することもある怖い病気です。

 

■犬パラインフルエンザ

パラインフルエンザウィルスによる呼吸器病で、咳は鼻水、扁桃炎を起こします。アデノウィルスや

細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群を引き起こします。

 

■犬パルボウィルス感染症

血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型が良く知られていますが、子犬に突然死をもたらす

心筋炎型もあります。伝染症が強く死亡率も非常に高い怖い病気です。

 

■犬のコロナウィルス感染症

腸炎を引き起こす感染症です。下痢や嘔吐が怒ります。パルボウィルスと混合感染すると症状は一層重くなります。

コロナとパルボを一緒に予防する事が大変重要です。

 

■犬レプトスピラ病:

黄疸出血型 カニコーラー型

細菌によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通のこわい伝染病です。

代表的なのは、歯茎の出血や黄疸がみられる黄疸出血型、高熱、嘔吐、下痢

を起こすカニコーラ型の2種類ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が

必要です。。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。

 

■狂犬病

犬だけでなく、全ての哺乳類(人も含まれます)がかかります。

感染した動物に噛まれるとうつり、発症すると死亡率が100%という恐ろしい病気です。

ごく一部の国を除き世界中で流行がみられます。

人を守るために、飼い犬に対する狂犬病ワクチンの注射が法律で義務づけられています。

 

【狂犬病予防法について】

生後91日以上の犬は飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回注射を

受けなければなりません。また、交付された注射済票を必ず犬につけておかならければなりません。

 

※混合ワクチンには狂犬病は含まれていませんん。