東日本大震災 ビートたけしが語った言葉に涙が止まらない

 


なによりまず、今回の震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。


こんな大参事になるとは思ってもみなかった。


おいら、普段は大きな地震でも平気な顔して座ってるタイプなんだよ。

だけど今回は、スタジオの窓から見えるゴミ焼却炉のデカい煙突が

グラグラしててさ。たまらず逃げたね。

地震発生から間もない14日の月曜日に収録があって、

スタジオに客まで入れてたんだけど、直前に取り止めたんだ。

こんな時に着ぐるみ着てバカやれないよって。とてもじゃないけど

笑えないってさ。

よく「被災地にも笑いを」なんて言うヤツがいるけれど、今まさに

苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、戯れ言でしかない。

しっかり飯が食えて、安らかに眠れる場所があって、人間は

初めて心から笑えるんだ。

悲しいけど、目の前に死がチラついてる時には、芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。

テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。

8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べればマシだったのか、そんな風に

数字でしか考えられなくなっちまう。

それは死者への冒涜だよ。

そうじゃなくて、そこには

「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。

2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人達が

いてその悲しみに今も耐えてるんだから。